よく遊び、よく学べ

アラフォー・高卒・三児の母が、通信教育で教員免許(小学校&特別支援)取得を目指す日常。

アラフォー・高卒・三児の母が小学校教員免許取得までのまとめ

卒業認定いただきました。

これで晴れて学位取得、小学校教諭第1種免許の取得がかないました。

f:id:wakaba0204:20180317082431j:plain

 

ブログを書こうとして気がつきました。

f:id:wakaba0204:20180315105021p:plain

日記ではなく、もはや年記になっております(笑)

 

そんなこんなで、2013年4月に通信制大学に入学してから、5年。

4年で卒業とはいきませんでしたが、当初5ヶ年計画だったし、予定外の紆余曲折もありましたが、それでも最後は予想通りの5年で締まりました。

 

そんな5年を振り返ってみたいと思います。

 

1年目(2013年)修得単位22単位。

入学した大学は、学費が年間決まった額を払うのではなく、履修した単位分の支払いという親切設計なため、初めはやれるかどうか不安もあったので履修は少な目。

初めてのレポートを最近見直しましたが、一番出来がいいと思います(笑)

履修した単位は1年で全て修得できたので、これはやれると本腰を入れ。

基本一か八かの勝負の人なので、この先がリアルに見えてきてやっと現実見ます(笑)

 

そのリアルさが、本当に教育実習とかやれるのか?と不安を生むことになり、

ここで「教員資格認定試験」の存在を知ります。

その件については、こちらを参照ください。

 

wakaba0204.hatenablog.com

 

2年目(2014年)修得単位39単位。

この年、予定では41単位修得で、短大卒同等の62単位修得をクリアするはずでした。

しかり、年度末頃にあったスクーリングにインフルエンザで欠席という事態になり、年度末につき再受講も叶わずあえなく2単位落とし…。

教職科目もそこそこ履修して、スクーリングで他県の教員志望、現教員の方々に会えるのも楽しみでした。志を同じにする仲間と語り合うのはとても楽しい時間でした。

それと並行して、教員資格認定試験の受験、前述の記事にある通り、1問落として一次敗退。

 

3年目(2015年)修得単位10単位。

前年の悔しさから、前期は履修無しで試験に集中することしました。

結果はあえなく二次敗退。

後期で履修できる科目を履修して修了。

 

教育実習やるしかねえええ!!

っと覚悟を決めました。そうなると当然後2年大学のお世話になることになります。

 

4年目(2016年)修得単位40単位。

とにかくせっせと単位修得。私の目的は免許取得。単位が取れれば良いと評価は気にしませんでした。もちろん必要な学びはしっかりやってましたよ。

そして、教育実習の内諾も取れました。

wakaba0204.hatenablog.com

 

介護等体験にも行きました。(あ、福祉施設編が…まだ書いてないっっ)

wakaba0204.hatenablog.com

この介護等体験で、「福祉の視点」というものに気付かされました。
人の命を守る医療があり、人として最低限の生活ができるための福祉があり、そしてその上に教育がある、教育と福祉は別のものではなく、重なり合う部分があるのだ、ということを学びました。
私は老人施設にお世話になったのですが、お年寄りを支援するというのはとても難しいことです。彼らは今までできたことができなくなっていくのです。プライドもあります。それをいかに守りつつ手助けできるかは本当に難しいものだと感じました。(なのに介護業界は低賃金なのが理解できません、本当に)

 

4年目修了時で教職科目は実習以外あと1科目となりました。(本当はそれも履修したかったけどスクーリングの日程が合わず…)

並行して、特別支援学校の科目も修得。ほとんど学科なので、あと4単位+教育実習(必須29単位)というところまで修得。

これで卒業が手に届く範囲にきました。いよいよです。

 

5年目(2017年)修得単位29単位(実習5単位含む)

この大学の教育実習単位は幼・小どちらも取得出来るため、どうせ取るならと、幼稚園も、と。この年の履修はほとんど幼稚園科目です。
この幼稚園の科目を学んで気がつきました。
これは教育の基礎だ、初等教育の土台に幼児教育がある、この視点は教師が持たなければならないものだ、と。お世話になった先生もそのようにおっしゃっていました。

この年、小・幼稚園共に一種で卒業と同時に取得の予定でしたが、スクーリングの日程が合わない科目が2単位あり、二種分の単位しか修得出来ませんでした。

大学では一種のみが大学一括申請のため、二種で取得するなら年度明けてから自己申請。一種にするなら翌年度に2単位修得してその後自己申請となります。

 

そして、平成30年3月、学位記と小学校教諭一種免許をいただくことができました。
ちなみに、2年目のインフルエンザで欠席(未修得)以外、履修した単位は全て修得しました(成績の良し悪しは…笑)


平成30年度は、特別支援学校の教育実習と残りの4単位、幼稚園の2単位を修得して、幼稚園教諭と特別支援学校教諭の両免許の取得を目指し、
平成31年度採用試験を受ける予定でいます。
また4月から小学校の支援員の配属が決まりました。

今後は、採用試験に向けた学びや支援員のアレコレについて書いていこうと思います。年記にならないように…笑