よく遊び、よく学べ

アラフォー・高卒・三児の母が、通信教育で教員免許(小学校&特別支援)取得を目指す日常。

介護等体験 特別支援学校編

おひさしぶりです(笑)

3ヶ月ほど放置してました。

でも毎日アクセスがあるので、過去のエントリーが誰かの何かのためになっているのかな、と思うと嬉しい次第です。

そんなわけで、現在は検索でこのブログにやってくる人が9割で、その検索ワードが「特別支援学校(高等部)」と「教員資格認定試験」がほとんです。

今年度の教員資格認定試験、2次が今週末のようですね。これを見に来た受験予定の皆様、頑張って下さい。

 

ちなみに。

検索ワードに「上地雄輔 嫌い」ってのもありました(笑)

嫌いなら調べなきゃいいのにね。

 

ってことで前置きはこの辺で。

 

 小中免許取得には介護等の体験が必要

 先生の免許取るには「教育実習」するんだってことはよく知られていると思うのですが。自分が子供のころにも学校に毎年来ましたしね。

これとは別で、平成10年度から小中の教員免許を取得するものには必須となったもので、特別支援学校に2日間、社会福祉施設に5日間の「介護体験」を行うものです。

資料1-3:平成9年介護等体験特例法の概要:文部科学省

 

その趣旨は

教員が個人の尊厳及び社会連帯の理念に関する認識を深めることの重要性にかんがみ教員の資質向上及び学校教育の一層の充実を図る

ってことらしいです。

この法律ができた根拠やその実態については様々言われているようですが、その話は次回。

 

 特別支援学校高等部へいってきた

この介護等の体験は教育実習と違い、ほとんどの都道府県はその都道府県から体験先が指定されます。私が体験先に指定されたのは、知的障害の高等部でした。

知的障害と言っても、私が体験した学校は軽度知的障害を対象としており、卒業後は一般企業に就職することを目標としている高等部で、その多くは地域の小中学校の支援学級や普通級を卒業してきた生徒さんでした。

 

「軽度知的障害」とは。
知的障害はいわゆるIQが70以下の場合を言い、その度合いによって軽度・中度・重度と分けられます。
軽度とはIQ50〜70のものと言われています。

ちなみに、IQ(知能指数)というのは、その生活年齢(実年齢)に対して精神年齢(発達年齢)がどのくらいの割合であるかを示したものです。なので実年齢=発達年齢であれば100となります。

 

 

そして、

「介護等の体験」とは「実習」ではなく「体験」です。
私が行った学校の生徒さんたちは支援学校と言っても、いわゆる「介助」というものは必要がなく、一見すると普通の学校と同じです。
ですので、私は生徒の皆さんと一緒に授業(実習授業)を受けるという感じで2日間を過ごしました。

この子たちは何を思い過ごしているのかをとにかく知りたいと思い、一人でも多くの生徒さんとコミュニケーションを取りました。

教職だけを取っている人とは違って、私には発達障害に関する知識や経験もあるという自負もあったので、自然に彼らに関われたように思います。

 

この学校のカリキュラムは3年間を通して就労できる人材に教育するということでしたので、授業の大半は実習です。企業への実習も含めて学校の中でも、ものを作ったりしながら企業内の疑似体験をしている様子でした。
その実習中だけでなく、1日の生活を通して「職業人」としてもモラルやマナーを身につけさせている様子でした。

挨拶の仕方や返事の仕方、人との関わり方、その時々でどうやって人と関わればいいのかを丁寧に指導されていました。

少ないですが教科の授業もありました。しかしその内容は「高等教育」のそれではなく、生活に必要なごくごく基礎的な内容でした。

 

2日間を通して思ったことは、「子どもたちの目が生き生きしている」という事でした。この子たちは、おそらくは「できない子」として小中を過ごしてきたのでしょう。

でもここにきたら「できること」がどんどん増えていくんです。

 

障害とか特別支援とかそういうのに関係なく、「できる」ってみんな嬉しいし、そうやって人は生きているんじゃないかって思うのです。

そして、その「できる」は人それぞれ違って、その「できる」を合わせていくと、「みんなでできる」に繋がるわけです。

 

たったの2日間でしたが、思う事がたくさんありましたし、時間が足りないくらいでした。

なにより、「どんな子も必ず成長するんだ」という確信を持つ事ができました。

 

支援って「やってあげる」ことではなく、

「自分でできる」を増やしてあげる事だと思っています。