読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく遊び、よく学べ

アラフォー・高卒・三児の母が、通信教育で教員免許(小学校&特別支援)取得を目指す日常。

「世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ‼︎視察団」保育園・幼稚園SPにつっこみどころ満載だった件

先日、テレビ朝日「世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ‼︎視察団」で、日本の保育園・幼稚園を取り上げていたんですが。

 

つっこみどころまんさいですた!(笑)

 

まず第一に、日本の保育所・幼稚園って世界に誇れるんですか?って話ですよ。
前に小学校も取り上げたらしいですが、
なんだか、「日本すごいね」よりも、日本文化を外国人に叩かせて煽っているだけじゃねーかって思いますけど(笑)

教育っていうのは、その社会の一員として自立していけるようにするために行うもので、日本では日本の社会の一員となるために必要だと思われることが行われているわけで(それで本当に今の教育が正しいのかという議論はさておき)
フランスなりフィンランドなりは、その国の風土や文化があってその国の一員となるために教育は行われるわけで。
だから、掃除なりの保育観や教育観が国によって違うのはあたりまえで、そこを議論させることが、「日本すごいですね!」にどうやって繋がるんだよって、
この番組、そろそろネタ切れなんじゃねーのって思いますけども。
この企画はどっちかっていうと「ここが変だよ日本人」だよなぁ〜と。

 

で。

その特集の内容は、認可保育所と認可外保育所、幼稚園のそれぞれ1園ずつ紹介されたんですが、
これが、まああ、個性的な園ばっかりで、あきれるというか、やっぱりな、というかテレビ的にはそうやるよな、みたいな、そんな感じ。

 

認可保育所は、昭和の化石みたいな園長。
0歳児をおんぶするのにドヤ顔でサラシを使ってたけど、これ、サラシがおんぶに使えることも、おんぶすることも否定はしないけど、

 

あえてサラシ使う必要ある?

 

です(笑)


労働者(保育者)のことを考えれば、肩や腰に負担にならないおんぶ紐を使う方がいいんじゃないのって話。
エルゴとか絶対受け入れられないんだろうな、この園長は、という勝手な印象。

で、小学校の時もそうだったけど、子どもに掃除を教えている姿がヨーロッパではありえない、両園でのバトルになったんだけど、
日本の園長の説得力のなさ(爆)
「とにかく楽しんでやってるんだからいいでしょ!(怒)」って感じ。感情論でしかない。

日本の掃除の文化というのは、物を片付けるとかの意味よりも、「心を清める」っていう教えでしょ?
自分たちが使っている物、部屋に感謝して綺麗にする、とか、そういう意味でしょ?
我が子が通った幼稚園でも、そうやって教えてもらいながら掃除してたよ?
どうしてそんなことも答えられないの?園長なのに?
「うちは、掃除は競争させて楽しんでやらせてますから」の一点張り。
だからフランスの園長に
「そこまでして掃除させる必要がある?リカイデキマセーン」(というような内容)
って言われるんじゃん。

 

2番目は認可外保育所
園庭がないからプレーパークに通う園。
プレーパークの事否定してないけど、個性的だねって感じ。
だけど、危険なことは危険だと教え、怪我をしないように遊ぶ方法を教えることが大事、といっていたここの園長が一番まともだった気がする。
唯一普段通りの姿だった感じだし(他の2園でインタビュー受けていた人はよそ行きって感じの服装に発言だった)
で、

こんなまともな園が認可外(国の補助をうけていません)ってことを強調したかったのかしらね?(笑)

 

で、最後の幼稚園。これが最悪。へそで茶を沸かすレベ┐( ̄ヘ ̄)┌
いわゆる知識詰め込みお勉強系(お受験対策)園。

「卒園児の知能指数が平均122です!(ドヤ!)」って園でしたけど。
知能指数が高い=優秀ってまだ信じてるひといたんだ?(爆)

知能指数っていうのは、その年齢に適した発達度合いかを見るための目安にすぎない。
それにこの指数って検査法によっても数値は変わってくるし、
下手すると検査する側と受ける側の相性だったり、その場の環境だったりで、簡単に数値がかわるんです。それに成長すると変化するんですよ、だって成長はみんな基本的にバラバラだから、速かったり遅かったりで、発達が途中で周りを追い越すことだってあり得るわけで。

知能指数発達障害において指標とされるんだけど、
それは、それぞれの認知が、どこが得意でどこが苦手かをみるための材料にすぎず、IQなんてのはただの目安。だって検査法でも変わってくるから。

で、あと、

絶対音感を育てます!
漢字を身近にかんじられるよう多用します!
論語を暗唱させます!
時間割は、国語、英語、音楽・・・・。

えーーーー?自由遊びも、体を動かす時間もないじゃん!まじでそんなことやってんのー?

 まず、子供の目が笑ってない。
無駄な動きをしない幼稚園児。

 

そんな子ども、健康的だといえるんだろうか。

まああ、いいですよ、幼稚園ですから選ぶことができますし。「通わせたくない園」ってことで。

 

ただ。

 

これが、日本のすごーーい幼稚園????

それだけは辞めてくれ!

 

これが「日本の幼稚園」という紹介の仕方だけはやめてくれ!

 

最低でも、これと対極の個性をもった園を紹介するべきだし。
すごいとするなら「いろいろな個性をもった園を選べる」ことがすごいんじゃないのって。

 

で、スタジオゲストに尾木ママ

この幼稚園のVTRあけにコメント求められてたけど、当たり障りないコメント。
尾木ママは確か早期教育に批判的だったはず。

そして、放送終了後の尾木ママのブログ。

ameblo.jp

番組名とか書いてあるわけではないから断定はできないし、推測でしかないけど、
言いたいことが言えなかったか、カットされたか、なんだろうなっと。

 

それで、それで、
絶対音感を持つことが優秀だと信じちゃってる人いるけど、
あれ、優秀でもなんでもないからね?
絶対音感もってるから音楽家になれるわけじゃないし。
絶対音感って、そもそもみんな脳に備わっているのだけど、必要ないから退化してってるだけなんだからね。そう必要がないの。
絶対音感持った人の苦労、しらんだろうな〜。私はないけど(笑)

ほんっと、この国は幼稚教育をなんだと思っているんだろうね。
しかも、人としてこの時期の教育って人生を左右するっていうのに。