読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく遊び、よく学べ

アラフォー・高卒・三児の母が、通信教育で教員免許(小学校&特別支援)取得を目指す日常。

税金や公共料金をnanacoカードでポイントGETする方法

固定資産税…自動車税…次から次へと採取される季節です(T ^ T)

最近はコンビニで24時間いつでも支払いすることが可能になりました。

そして、税金等の代行収納は現金での支払いのみとなっているのですが、
セブンイレブン電子マネーnanacoカードは代行収納の支払いが可能なのです。
ただし、nanacoポイントの付与はありません。

 

えっ?

 

いやいや、直接的にポイントをGETするのではありません。

 

nanacoカードはクレジットカードからチャージを行うことができます。

このクレジットチャージで、クレジット側のポイントをGETするという方法です。
もうこれで現金チャージはバカらしくなります。

で、ここで大事なことです。

チャージが可能なクレジットカードのすべてがポイント付与されるわけではないんです。

nanacoチャージでカードポイントが付くのは、

( ・・・その他にもあるようですが、有名どころでは以上かと)

 

これで、税金や公共料金を間接的にクレジット払いにでき、ポイントもGETできてしまうということです。


では具体的な手順ですが、

まずクレジットカードを用意します。対象のカードがない方は作る必要があります。

そして、nanacoカード会員サイトへログインし、クレジットカード登録をします。

nanaco / ログイン

そしてクレジットチャージができるのは登録後24時間後となります。

ちなみに、nanacoカードを新規に作成した場合は、10日ほど経たないとクレジットカード登録ができません。

そして、会員サイトのクレジットチャージからチャージを行いますが、nanacoカードの場合、クレジットチャージされた金額は、一旦「センターお預かり」というところに保管されます。

それを、セブン銀行ATMかセブンイレブンのレジで残高確認をするとカードにチャージされる仕組みになっています。

そして、クレジットチャージのルール。

  • 1日3回まで
  • 1ヶ月15回、20万円まで
  • 1回の上限は29,000円 
  • nanacoカードにチャージできる上限は50,000円まで
  • 1枚のクレジットカードでチャージできるのは1枚のnanacoカードのみ
とりあえず、クレジットチャージを2回して、店頭で残高確認をすれば50,000円までの代行収納は簡単に出来ます。

もっと言うと、実は、先ほどと「一旦センターお預かりにお金が置かれる」と書いた、何だか面倒くさいシステムですが、
これを逆手にとると15万近くまで一度にクレジットチャージからの支払いが可能になりますが、
このシステムを理解している店員さんと、その余裕のある時間帯という条件が揃わないと難しいかも…(^_^;)

50,000円支払い→残高不足のエラー音→残高確認の操作→50,000円支払い→残高不足のエラー音…という繰り返しで、かなりレジがピーピー言いますが、
それでも、という方には後日レクチャーします(?)

ちなみに、私は大学の学費がコンビニ支払いなため、Yahoo!カードからnanacoチャージを行い、Tポイントを貯めて、そのポイントをスクーリングの宿泊費用に使っています。

チリも積もれば、です。