読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく遊び、よく学べ

アラフォー・高卒・三児の母が、通信教育で教員免許(小学校&特別支援)取得を目指す日常。

本音を言うと嫌われるが、覚悟があれば思いは伝わる

思ったこととか 心理

昨日のエントリー 

wakaba0204.hatenablog.com

 

過去最高のアクセスが来ていて、ビビっています(笑)

しかも、Facebookのシェアが130とか(4/23 22時)、
いやあ、Twitterとか他のブログとかならリンク元が確認できるのだけど、Facebookは誰にどうんな風にシェアされてるか分からないんですよ。。(わかる方法あるのかな?)

 

まーーーた、上地教がなんか言ってるwwww 

 

とかシェアされてたら、どうしよう。とか今更ビビってます(笑)

いや、本当はたいして思ってないけど(爆)

まぁ、意図してファンの子の中に投下したので、きっとみんなが拡散してくれてるのだと思います。 


で、そんな展開を眺めながら思ったのですが、

本音をぶつける時ってのは、それによって跳ね返ってくることも受け止める覚悟があって成り立つんだろうなって、我ながら思います。

ゆうちゃん(上地雄輔)じゃないけど、

私は、言いたいことを言って後悔したことはないし、
「自分は間違ったことを言ってない」と思うから、
だから、「何を言われても構わない」って、いつも思っています。

 

ただ、そういう態度が気に入らないのか、嫌われることは多いです(笑)

どストレート過ぎるんでしょうね。正論すぎて嫌われるタイプです(笑)

それでも、自分を変えようと思ったことはありません。それが私だから。

 

で、Facebookのシェアは確認できないのだけど、
いくつかのリファラは確認できて、その一つに

「自分の言えなかった気持ちを代弁してくれて嬉しかった」

というような内容のコメントがあって、

多分、ファンの間でも、私のブログを読んで不快に思った人もいただろうし、

そんな批判なんかスルーしてろって思った人もいたと思います。

だけど、たとえ少数でも嬉しい気持ちにさせる事が出来たのなら、私は嬉しいし、自分のやったことに間違いはなかったんだなって思えています。


その昔、自分の思いがちゃんと伝わらない事に悩んだ事がありました。

それでトラブって、でもその後にちゃんと思いが伝わってわかってもらえた時、

自分の思いを伝えるには、もっともっとその思いを表現しないとダメだよ。

と言われました。

もともと本音しか言えない人でしたが、

本当はいろいろ思ってても、その答えだけをストレートに表現してしまいう、という本音だってので、

それがトラブルになるんだって事が分かって、

それからは、いちいち思いをいろんなとこで表現してきました。

たぶん、それで行き着いたのがココです。


そんな訳で、

これからも本音ベースで続けたいと思います。

「こんなやつが先生になっていいのか」って思われそうな事も書いてますが、

でも、いいんです、そういう先生がいたっていいじゃないか!って思ってるで(笑)