読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく遊び、よく学べ

アラフォー・高卒・三児の母が、通信教育で教員免許(小学校&特別支援)取得を目指す日常。

人間関係に悩むのは、自分を良く見せたいと思ってるから

学校なら不登校、職場なら適応障害、いわゆる社会からのドロップアウト

これらの原因のほとんどは人間関係の悩みだと言われてる。

なぜ人間関係で悩むのか。

その理由は、

「自分を良く見せたい」と思っていることと、
「相手が期待通りの言動をとってくれない」からだと思う。

「自分を良く見せたい」とは、「相手が自分をどう思っているか」が気になったり、自分が傷つきたくないから「相手にとって」良い人になろうとしたりすること。
八方美人を演じて、結局耐えられなくなってしまったり。
それも、「自分が傷つきたくない」からの行動なのに、結局は自分が苦しんでいる。

「相手が期待通りの言動をとってくれない」というのは、自分と相手の価値観が同じだという思い込みによるもの。
自分ならこうするのに相手はしない、
どうしてしてくれないんだろう、
心の中で思い悩んだり、あるいは直接ぶつけたり。相手が期待通りにしてくれないのは自分が悪いからなのか、と、これも自分を苦しめる。

多分、だいたいはこの辺りなのかな、と。


私も人間関係に悩んで、
突発的にふっと命を絶とうと思ったことがあった。
その時は答えが見えなくて苦しくて仕方がなかったのだけど、
様々な経験の中で分かったことがある。

「ありのままの自分を評価してくれる人が必ずいる」
「自分の価値観を他人は持ち合わせてない」

いつの頃からか気がついたら、同じものを見てもそれをどう捉えるかは人によって違うんだ、と分かってきた。

そして、自分がどう見られるかは、相手が決める事であって、自分がいくら思っても相手の感情は変えられないので、
それならば自分が正しいと思った事をする、それで相手にどう取られるかは相手次第、受け入れてくれた人を大切にしようとも思うようになった。
嫌われたって別に構わない、どうぞご自由に、って。

それからは、
たぶん、
思い悩んで苦しんだ事はないと思う。

嫌われないようにって無理したっていい事はないのだよ。

人は自分の期待通りには動いてはくれない、だって価値観はみんな違うから。

上手くいかない時は、やっぱり原始的に
「押してダメなら引いてみろ」

考え方を変える、視点を変える、
するときっと幸せになれる。

あと、もっと大事なのは、ダメな自分を受け入れること。
他人にいい人ぶるのはまだ軽症で、自分にもいい人ぶると、もう苦しくて仕方がないだけ。

失敗したっていいじゃない、
人間だもの。(パクリ)