よく遊び、よく学べ

アラフォー・高卒・三児の母が、通信教育で教員免許(小学校&特別支援)取得を目指す日常。

(完結編)体育2・大人になってから運動0の私がマラソン大会に出場した記録

ジョギングどころか横断歩道も走って渡れなかった私がマラソン大会に出場し、5キロ完走した記録のまとめ。

こここらの続きです。

まずはウォーキングからジョギングをする様になったころの記録がこちら。
f:id:wakaba0204:20160405153146j:image

これでは、5キロ40分で完走の制限時間に入らないので、スピードを上げる練習をしなければいけません。

そこで、アプリの数字を見ながら1キロ8分がどの程度のスピードが短い距離で試しました。

そのペースで息が切れないところまで走って、ダメそうになったらスピードを落とす、という練習を続けました。

そのうちペースを保てる様になり、1ヶ月後

f:id:wakaba0204:20160405153555j:image
3キロですが、キロ8分を切れる様になりました。
(ジョギングのはじめと終わりはウォーキングしてますので平均では超えてますが)

そして、マラソン大会まで1ヶ月を切ったころ、
肉離れと思われる症状があり1週間ほど走る事が出来なくなってしまいました。
正直オーバーワークだったかもしれません。

痛みが治まったころ体と相談しながら徐々に走り出してみたところ、

f:id:wakaba0204:20160405154151j:image

何とか、5キロ40分をクリアしました。

そして、無事マラソン大会に出場し5キロ完走。

ゴールラインを踏んだ瞬間の感情と言ったら、もう。
子どもに向かって
「お母さん、やったよ!出来たよ!やれば出来るだよ!」
と修造化してました(笑)

その後

マラソン大会で無事完走したものの、その後に各種アクシデントが…

まずは、翌月に腰椎ヘルニアによる坐骨神経痛
治療をしてウォーキングに逆戻り。
そして、猛暑を超えてまた冬になって距離を伸ばそうと思ったころ、
今度は頚椎ヘルニア…。
これは苦しかったです。
首が動かせない、
肩にずっと何かが乗っているような硬さ、
頭痛もまた頻発するようになり。

ヘルニアって、結局は体幹の衰えによるものだろうなという自己の感想のもと、
やはりジョギングは続けなければと、行きつ戻りつつしながらも何とか続けたら、だいぶ症状も落ち着いてきました。

そして、4-5キロくらいなら体に痛みを生じる事もなくなったので、もうちょっと本格的に練習しようと思ったちょうど一年前。

今度はスケジュール的、精神的に追い込まれる日常になり…(^_^;)
実のところ、現在は週2〜3日に3キロくらいしか走れていない状態です。

って事で、この記事をまとめる事で、初心を思い出しました。
ブログが自分の役に立ちました。

近いうちハーフマラソンに挑戦したいと思っています!(有言実行)