読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく遊び、よく学べ

アラフォー・高卒・三児の母が、通信教育で教員免許(小学校&特別支援)取得を目指す日常。

「世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ‼︎視察団」保育園・幼稚園SPにつっこみどころ満載だった件

先日、テレビ朝日「世界が驚いたニッポン!スゴ〜イデスネ‼︎視察団」で、日本の保育園・幼稚園を取り上げていたんですが。

 

つっこみどころまんさいですた!(笑)

 

まず第一に、日本の保育所・幼稚園って世界に誇れるんですか?って話ですよ。
前に小学校も取り上げたらしいですが、
なんだか、「日本すごいね」よりも、日本文化を外国人に叩かせて煽っているだけじゃねーかって思いますけど(笑)

教育っていうのは、その社会の一員として自立していけるようにするために行うもので、日本では日本の社会の一員となるために必要だと思われることが行われているわけで(それで本当に今の教育が正しいのかという議論はさておき)
フランスなりフィンランドなりは、その国の風土や文化があってその国の一員となるために教育は行われるわけで。
だから、掃除なりの保育観や教育観が国によって違うのはあたりまえで、そこを議論させることが、「日本すごいですね!」にどうやって繋がるんだよって、
この番組、そろそろネタ切れなんじゃねーのって思いますけども。
この企画はどっちかっていうと「ここが変だよ日本人」だよなぁ〜と。

 

で。

その特集の内容は、認可保育所と認可外保育所、幼稚園のそれぞれ1園ずつ紹介されたんですが、
これが、まああ、個性的な園ばっかりで、あきれるというか、やっぱりな、というかテレビ的にはそうやるよな、みたいな、そんな感じ。

 

認可保育所は、昭和の化石みたいな園長。
0歳児をおんぶするのにドヤ顔でサラシを使ってたけど、これ、サラシがおんぶに使えることも、おんぶすることも否定はしないけど、

 

あえてサラシ使う必要ある?

 

です(笑)


労働者(保育者)のことを考えれば、肩や腰に負担にならないおんぶ紐を使う方がいいんじゃないのって話。
エルゴとか絶対受け入れられないんだろうな、この園長は、という勝手な印象。

で、小学校の時もそうだったけど、子どもに掃除を教えている姿がヨーロッパではありえない、両園でのバトルになったんだけど、
日本の園長の説得力のなさ(爆)
「とにかく楽しんでやってるんだからいいでしょ!(怒)」って感じ。感情論でしかない。

日本の掃除の文化というのは、物を片付けるとかの意味よりも、「心を清める」っていう教えでしょ?
自分たちが使っている物、部屋に感謝して綺麗にする、とか、そういう意味でしょ?
我が子が通った幼稚園でも、そうやって教えてもらいながら掃除してたよ?
どうしてそんなことも答えられないの?園長なのに?
「うちは、掃除は競争させて楽しんでやらせてますから」の一点張り。
だからフランスの園長に
「そこまでして掃除させる必要がある?リカイデキマセーン」(というような内容)
って言われるんじゃん。

 

2番目は認可外保育所
園庭がないからプレーパークに通う園。
プレーパークの事否定してないけど、個性的だねって感じ。
だけど、危険なことは危険だと教え、怪我をしないように遊ぶ方法を教えることが大事、といっていたここの園長が一番まともだった気がする。
唯一普段通りの姿だった感じだし(他の2園でインタビュー受けていた人はよそ行きって感じの服装に発言だった)
で、

こんなまともな園が認可外(国の補助をうけていません)ってことを強調したかったのかしらね?(笑)

 

で、最後の幼稚園。これが最悪。へそで茶を沸かすレベ┐( ̄ヘ ̄)┌
いわゆる知識詰め込みお勉強系(お受験対策)園。

「卒園児の知能指数が平均122です!(ドヤ!)」って園でしたけど。
知能指数が高い=優秀ってまだ信じてるひといたんだ?(爆)

知能指数っていうのは、その年齢に適した発達度合いかを見るための目安にすぎない。
それにこの指数って検査法によっても数値は変わってくるし、
下手すると検査する側と受ける側の相性だったり、その場の環境だったりで、簡単に数値がかわるんです。それに成長すると変化するんですよ、だって成長はみんな基本的にバラバラだから、速かったり遅かったりで、発達が途中で周りを追い越すことだってあり得るわけで。

知能指数発達障害において指標とされるんだけど、
それは、それぞれの認知が、どこが得意でどこが苦手かをみるための材料にすぎず、IQなんてのはただの目安。だって検査法でも変わってくるから。

で、あと、

絶対音感を育てます!
漢字を身近にかんじられるよう多用します!
論語を暗唱させます!
時間割は、国語、英語、音楽・・・・。

えーーーー?自由遊びも、体を動かす時間もないじゃん!まじでそんなことやってんのー?

 まず、子供の目が笑ってない。
無駄な動きをしない幼稚園児。

 

そんな子ども、健康的だといえるんだろうか。

まああ、いいですよ、幼稚園ですから選ぶことができますし。「通わせたくない園」ってことで。

 

ただ。

 

これが、日本のすごーーい幼稚園????

それだけは辞めてくれ!

 

これが「日本の幼稚園」という紹介の仕方だけはやめてくれ!

 

最低でも、これと対極の個性をもった園を紹介するべきだし。
すごいとするなら「いろいろな個性をもった園を選べる」ことがすごいんじゃないのって。

 

で、スタジオゲストに尾木ママ

この幼稚園のVTRあけにコメント求められてたけど、当たり障りないコメント。
尾木ママは確か早期教育に批判的だったはず。

そして、放送終了後の尾木ママのブログ。

ameblo.jp

番組名とか書いてあるわけではないから断定はできないし、推測でしかないけど、
言いたいことが言えなかったか、カットされたか、なんだろうなっと。

 

それで、それで、
絶対音感を持つことが優秀だと信じちゃってる人いるけど、
あれ、優秀でもなんでもないからね?
絶対音感もってるから音楽家になれるわけじゃないし。
絶対音感って、そもそもみんな脳に備わっているのだけど、必要ないから退化してってるだけなんだからね。そう必要がないの。
絶対音感持った人の苦労、しらんだろうな〜。私はないけど(笑)

ほんっと、この国は幼稚教育をなんだと思っているんだろうね。
しかも、人としてこの時期の教育って人生を左右するっていうのに。

 

 

「いじめられてかわいそう」は自己肯定感をさげるだけ

「いじめられて かわいそうに」

 

って、思いますよね。だいたいの人は。

 

我が子も、かつて、1vsクラス全員というイジメを受けたことがあります。
そもそもは、主犯格と数人の取り巻きが息子をいじめ、主犯格がクラス全員を黙らせたって流れだったらしいのだけど。クラスで一番強くで誰も歯向かえないという子だったらしく。

 

そのいじめが発覚した時、主犯格とその父親が我が家に謝罪にきました。

その時、私に謝罪をすることよりも、自らの息子を責めるセリフばかりいっていたのが、まあ、こらイジメっ子になるわな、な父親だったんですが、
その父親が、自らの息子に対して、

「おまえが(うちの息子)くんにしたことは、(うちの息子)くんのお父さんお母さんみんなを悲しませることなんだぞ!」

って言ったんですよね。

 

え、別に悲しくないですけど。むしろ悲しむべきのはあなたの方では?

 

と思ったけど、口にはしなかったですが(笑)

 

その件で懇談会が開かれた時も、傍観者だった子の保護者が、
「大変だったね、何でも言ってね」って言ったんだけど、

 

いや、別に私は大変じゃないし?
ってか、あなたの子どもは傍観してたんだから加害者だお?

 

とも思ったけど、口にはしなかったけど。きっと良かれと思って言ってくれたんだろうし。

 

このイジメがあった翌年、親のいるところで、子供同士がじゃれあって、「お前汚い」とか冗談で言い合っていたのだけど、そのまた別の親が、
「そんな親の見てるところで(そんなこと言っちゃだめ)」
って声かけてたんだけど、

 

何がダメなの?

 

って思いました(笑)もちろん言いませんでしたけど。

たぶん、イジメの件があったから気を使ったんでしょうが。

 

 

いじめられてかわいそうっていう思いや行動が、そのいじめられた子をさらに追い込むって知ってるんでしょうかね。
いじめられてかわいそうっていう空気が、自分がいじめられている事を親や大人にいう事を恥ずかしいことだと思うんだって、何で気がつかないんでしょう?

 

私は、我が子がイジメにあった時、子どもに言いました。

 

あなたは何にも悪くないし、かわいそうな子でもない。

悪いのはあいつら(イジメっ子)だ!

学校に行くのが嫌なら、学校なんかいかなくていい。

だけど、いつか見返してやるって思ってればいい。

とにかく今は真面目に勉強しなさい、そうすればいつか必ず立場は逆転する。

 

 

と。

 

これは、単に、我が子が勉強することが好きだったから、だからこう言いました。
得意なことが別にあれば、そのものに代えて言ったと思います。

 

ちなみに、我が家にイジメっ子親子が謝罪に来た時も、息子がいる前でこう言いました。

 

おばさんは、今回のことは、もう過ぎたことだし、怒ってる気持ちも悲しんでいる気持ちもないから。

だけど、
「いじめられて自殺した」って事件をテレビで見たことあるでしょ?
ひょっとしたら、この子が自殺していたかもしれない。
それくらい追い詰めるようなことを、あなたはしたんだよ。
それだけは忘れないでいて欲しい。

 

と。

その時、うちの息子は、うんうんって頷いてました。
ああ、辛かったんだな、その気持ちを分かってもらえて良かったと思ってるのかなって感じました。

 

 

ちなみに、私は、いじめは無くならないと思っています。犯罪が無くならないのと一緒で。
だけど、それを悲観しているわけではありません。
人間だから当たり前のことで、それならばみんなが幸せになれるためにはどうするか、そういうことを考えることの方が大事だと思っているからです。

 

「通信制大学 大変」このキーワードで検索されているので、それについて言いたいこと

そもそも、

 

wakaba0204.hatenablog.com

 というエントリーを書いたこともあり、検索キーワードに
通信制大学 大変」というキーワードがちょいちょい上がってきます。

 

そんな検索してきたあなたに、通信制大学に4年在籍している私が言いたいこと、

 

楽をするために通信を選択するならやめときな!

 

以上です(笑)

 

入学試験という関門を突破して大学に入学する、という手順をすっとばしているわけだし、
「自宅で」「空いた時間に」「自分のペースで」気軽にできるような気にさせられますが、そう思う人は通信制は選択しないほうが良いです。

 

私は通学制の大学へ通った経験がないため比べることはできませんが、
専門学校や高校へ通った経験から想像するに、

 

通学のほうが楽!

 

これにつきます。

本来なら通学して学びたいが、それがどうしてもできない、それでも学びたい、そういう強い意志を持っている人でないと続けられないと思います。
学修の計画はすべて自分でたてられること、自分の進捗状況を把握して、どこまでやりたいか、どこまでできるか判断できること、1年単位での見通しが立てられること、何と言っても自己管理がちゃんとできるかどうか、ここにかかっていると思います。

 

私は、3人の子どもがいる主婦ですが、子どもは小学生と中学生なので、昼間に時間はありますが、フルタイムでの仕事はしていません。学費を稼ぐためのバイトは週3日5時間ほどやってます。
勉強は、早朝と夕方、夜間のできるときに細切れでやります。
料理をしながらテキストを読んだり、隙間時間待ち時間にスマホでレポートを書いたりしています。
スクーリングに行くときはその行き来にテキストを読んだりレポートを書いたりしています。
その上に、家事、子どもの用事や送迎、週末の部活やスポ少、PTAや子供会の役員をやったり、地域の集まりに参加したりと主婦としての業務も盛りだくさんです。

 

そういう環境の中ですが、頑張って、教育実習が手に届くところまでたどり着きました。現在第4コーナーといったところです。

 

自分自身の自己管理がしっかりできて、能動的に学べることができること、これが絶対条件です。

 

っていうか、大学ってそもそもそういうもんじゃないのかってのが、大学に行ってない私の感想ですけどね(笑)

 

私が伝えたかったのは「障害者の存在価値」ではなく、「親の葛藤」と「周囲からのプレッシャー」のこと。

昨日のエントリー。

 

wakaba0204.hatenablog.com


を読み返して、誤解を招く表現があったかもしれないと思い、改めて私の考え方をまとめたいと思います。

 

私が一番に伝えなければいけないのは、このエントリーの文末に書きました。

 

それから、私は決して障害者の存在(人権)を否定しているわけではないことだけは付け加えておきます。

「我が子は死ねばいい」なんて親なら絶対思ってはいけないことなのか? - よく遊び、よく学べ

 これです。

この前提があって、の話です。

 

これが前提ではあるが、その中でも障害児を育てることって、普通の人には想像できないことだよっね、ってのが二つ目。

障害があるなしに関わらず、その人の環境、立場になってみないと、その人の感情なんて分からないことなんです。

だから、簡単に「この子(障害児)はあなたを選んで生まれてきた」とか「天使」だとか、そういう表現は綺麗事だよなって話です。

その綺麗事を、正志(ドラマ「奇跡の人」で盲ろうの娘の父親)はぶっちゃけてるよねって。そういうドラマは地上波じゃできないよねって話。

 

 障害児を育てなければならない親の葛藤っていうのが、リアルに描かれているんじゃないかった思ったんです。

 

 

「この子(障害児)はあなたを選んで生まれてきた」とか「天使」だとか周囲とか専門家とかに言われちゃうと、
「この子を育てられない」とか「この子を殺せばいいのか」とか「一緒に死のう」とか絶対思ってはいけない、みたいなプレッシャーを与えるんじゃないかって思うのです。
「我が子を愛してる、守りたい」これは大前提で、です。
今の日本社会で障害を持って生きることは相当苦しいことです。いろんな苦しい感情に追い込まれてしまうことはあるんだと思います。
そう思ってしまうことって、実は当たり前のことなんじゃないのかって思うのです。

 

例えば「母親」に置き換えてみると。

 

「母親なら子供を慈愛できる」とか「母親はいつも笑顔でいなければいけない」とか「あなたを選んで生まれてきた」とか…。

そんなことを言われてしまうと、「子どもが可愛いと思えない」「育てられない」と絶対思ってはいけない、というプレッシャーを感じてしまいます。

 

親は出産と同時に完璧になれるものではないし、子どもと一緒に試行錯誤しながら育っていくもんだと思います。

だから、「愛している、守りたい」これは大前提。

でも、それでも、上手くいかなかったり、心に余裕がなくなったりすると、「可愛くない」とか「育てられない」とか思ってしまうこともあると思うのです。

それなのに「親はあなたを選んで生まれてきた」とか言われたら、
「こんな親の元に生んでしまって、ごめんね」って追い込まれちゃう…。

 

ようするに、

 

その立場になった人でなければ、その感情はわからない

 

ということです。

 

「我が子は死ねばいい」なんて親なら絶対思ってはいけないことなのか?

今期見ているドラマのひとつ、「奇跡の人」

www.nhk.or.jp

 

ヘレン・ケラーの家庭教師、サリバン先生の「奇跡の人」の現代版アレンジ。

(第1話のあらすじ)

 亀持一択(峯田和伸)は毎日を怠惰に生きるだけの、なーんにもないダメ男。ところがある日、偶然出会った鶴里花(麻生久美子)に恋をした。花には目と耳に障がいを持つ娘・海(住田萌乃)がおり、住む家を探して困っていた。一択は自分のアパートの大家・風子(宮本信子)に部屋を貸してやって欲しいと頼み込む。そして、海に世界のことを教えてやりたい、海にとってのサリバン先生になりたいと、人生初の無謀な挑戦を始める。

 

 

(以下ドラマの内容に触れています)

 

続きを読む

税金や公共料金をnanacoカードでポイントGETする方法

固定資産税…自動車税…次から次へと採取される季節です(T ^ T)

最近はコンビニで24時間いつでも支払いすることが可能になりました。

そして、税金等の代行収納は現金での支払いのみとなっているのですが、
セブンイレブン電子マネーnanacoカードは代行収納の支払いが可能なのです。
ただし、nanacoポイントの付与はありません。

 

えっ?

 

いやいや、直接的にポイントをGETするのではありません。

 

nanacoカードはクレジットカードからチャージを行うことができます。

このクレジットチャージで、クレジット側のポイントをGETするという方法です。
もうこれで現金チャージはバカらしくなります。

で、ここで大事なことです。

チャージが可能なクレジットカードのすべてがポイント付与されるわけではないんです。

nanacoチャージでカードポイントが付くのは、

( ・・・その他にもあるようですが、有名どころでは以上かと)

 

これで、税金や公共料金を間接的にクレジット払いにでき、ポイントもGETできてしまうということです。


では具体的な手順ですが、

まずクレジットカードを用意します。対象のカードがない方は作る必要があります。

そして、nanacoカード会員サイトへログインし、クレジットカード登録をします。

nanaco / ログイン

そしてクレジットチャージができるのは登録後24時間後となります。

ちなみに、nanacoカードを新規に作成した場合は、10日ほど経たないとクレジットカード登録ができません。

そして、会員サイトのクレジットチャージからチャージを行いますが、nanacoカードの場合、クレジットチャージされた金額は、一旦「センターお預かり」というところに保管されます。

それを、セブン銀行ATMかセブンイレブンのレジで残高確認をするとカードにチャージされる仕組みになっています。

そして、クレジットチャージのルール。

  • 1日3回まで
  • 1ヶ月15回、20万円まで
  • 1回の上限は29,000円 
  • nanacoカードにチャージできる上限は50,000円まで
  • 1枚のクレジットカードでチャージできるのは1枚のnanacoカードのみ
とりあえず、クレジットチャージを2回して、店頭で残高確認をすれば50,000円までの代行収納は簡単に出来ます。

もっと言うと、実は、先ほどと「一旦センターお預かりにお金が置かれる」と書いた、何だか面倒くさいシステムですが、
これを逆手にとると15万近くまで一度にクレジットチャージからの支払いが可能になりますが、
このシステムを理解している店員さんと、その余裕のある時間帯という条件が揃わないと難しいかも…(^_^;)

50,000円支払い→残高不足のエラー音→残高確認の操作→50,000円支払い→残高不足のエラー音…という繰り返しで、かなりレジがピーピー言いますが、
それでも、という方には後日レクチャーします(?)

ちなみに、私は大学の学費がコンビニ支払いなため、Yahoo!カードからnanacoチャージを行い、Tポイントを貯めて、そのポイントをスクーリングの宿泊費用に使っています。

チリも積もれば、です。 

高卒アラフォー主婦によるレポートの書き方

こういう記事やってなかったよね、と思いつつ(笑)

 

現在71単位修得という状況なので、50本以上は既にレポートを書いたことになるのですが、一応、一回も再提出になったことはありませんy(^ー^)y

(ABCの三段階でCはありましたけど…)

 

家事育児、あるいは仕事のある中で、レポートを書く時間を取るというのは、容易いことではありません。

 

が、

 

大学のレポートとか経験のない私がやってみた感想としては、

 

コツ

 

これです(笑)

 

いかに時間を最小限にして単位をもらうか、はコツです。コツ。

受験勉強と一緒です。

 

「レポートの書き方」的なガイダンスや書籍なんかもありますが、とにかく難しい言葉が羅列していてとっつき難いんですよね。

 

でも、レポートって意外と簡単です(私調べ)

 

まず、レポートの書き方の大前提として「序論」「本論」「結論」という展開で書くわけですが、

要するに、出されたテーマについて、「それの答えはこうだと思う!」が「序論」、「なぜなら、これこれこうだから」が「本論」、「というわけでまとめ」が「結論」という感じです。

 

教職課程の場合は、指導案を書きなさい、とかもあるので、その場合はもっと書き易いですね。

 

そして、レポートがもっとレポートっぽくなる書き方は、

言葉の使い方です。

論文・レポートらしい表現

ここらなどを参考に。

 

大事なのは「言い切る」というところではないかと。

〜だと思う。ではなく、〜だ。〜と考える。とか。

 

分からないことがあった場合は

「〜の点については、今後も研究を深めたい」とかで逃げるとか(笑)

だいたいA4に2枚程度ですので、そんなに深く追求しなくてもいいのですよ、これはまじで。

 

先生から出された課題の中に、どんな答えを出して欲しいかが書かれていると思うので、まずはそれを考察することです。

そして、その答えがわかったら、あとはそれについての理由づけです。

理由づけをするためにテキストや参考文献などを読んだりするわけですが、正直全部は読めませんから(時間があれば読みたい)、答えにつながるような情報を部分的に見つけてそこを重点的に読みます。

ここら辺までやると、「序論」「本論」は出来上がりです。「本論」はテキストのまとめでも良いでしょう。

大事なのは「結論」です。「序論」で立てた「仮説」が結果どうなったかをまとめる作業です。

ここはしっかり自分の言葉で書かなければいけません。これが自分の言葉で書かれていれば、ほぼ合格だと思うのです。

どうして自分はそう考えたのか、考えたことによってどのような答えがでたのか、そんなことをまとめるといいと思います。

 

そんなわけで、

困難だと思っていたレポートが意外とあっさりかけたので、調子にのって書いてみましたとさ〜(笑)